任意売却の流れ

はじめに不動産の価格査定とローン残高を確認します。債権者(金融機関)に任意売却の許可を取ったのちに売却~売買契約までを進めます。やむなく残債が残った場合は、返済計画を立てて債権者へ返済の約束を行います。

任意売却のメリット

登記事項に傷がつきません

不動産登記に差し押さえの事実を記載されることはないので、クリーンな不動産のままで引き渡せます。

金融事故に当たりません

破産などの金融事故に当たりませんので、若干制約がありますが、新たなクレジットやローンの契約が可能です。

競売よりも高く売却可能です

競売になると買い手が付きにくい傾向にあり、売却価格も安くなりがちですが、任意売却なら高額売却も可能です。

近所に知られず売却ができます

任意売却は裁判所などと無関係ですので、周りに知られることなく売却ができます。

引っ越し時期を調整可能です

債権者との調整だけで済みますので、引っ越し時期を調整できます。

競売を回避する方法

治療器具

住宅ローンを利用してマイホームを購入する人がほとんどですが、完済するまでには数十年もかかるためその期間に想定できなかったアクシデントもあるでしょう。アクシデントによって住宅ローンの返済が滞ってしまう場合もあり、住宅ローンが支払えなくなると最終的には競売にかけられてしまいます。競売を回避する方法に任意売却があり、住宅ローンが残っていても金融機関の合意が得られればマイホームを売却できる方法です。

通常売却との違い

キーボード

通常の売却と任意売却は何が違うのかというと、通常の売却は住宅ローンの残債がない、住宅ローンの残債があっても不動産の売却金額で完済ができる、または売却金額と自己資金で完済できる場合は通常の売却を利用する事ができます。任意売却は住宅ローンの残債があり不動産の売却金額、売却金額と自己資金をプラスしても完済ができない場合に利用する事ができます。住宅ローンを利用して購入したマイホームは抵当権が付いているため、売却するには完済して抵当権を外してもらわないと売却する事ができないのです。

広告募集中